流水会目白だより

裏千家茶道 流水会のお稽古の様子などをご紹介しています。

お茶会・イベント

今後の稽古予定
7月17日(水)
8月7日(水)、8月28日(水)
9月11日(水)、9月25日(水)
流水会のWebサイトはこちら
流水会のFacebookページもご覧ください

3月の抽選会とかるがも茶席

 3月2日は赤鳥庵の5月分利用者抽選会でした。目白庭園では門を入ってすぐの白梅がそろそろ見頃を迎えています。
IMG_6149

 寒さの峠も過ぎ、感染症の流行もこのところ少しおさまっているせいでしょうか。抽選に参加された方はなんと45名(遅れて来た方も含めると47名)というここしばらくでは一番の人気抽選会となりました。

 今回は5月の土日や連休狙いの方が大変多かったようで、抽選会が進み日程が埋まっていくにつれて途中であきらめてお帰りになられる方が何名もありました。 

 私のこの日の抽選番号は23番。ちょうど真ん中あたりです。以前ならこのくらいの番号でも楽に水曜日が二回とれたのですが、 今回は狙っていた1日目は無事に予約がとれたものの、もう1日は二つの部屋を借り切ることができず、第一和室終日、第二和室は午前と夜だけになってしまいました。

 やはり抽選で茶室を予約するのはなかなか大変です。

 さて、この日は抽選会の後、夫を誘って二人で「かるがも茶席」に参加しました。 かるがも茶席は豊島区の茶華道文化連盟に所属するお茶の先生が担当するミニ茶会です。参加費八百円で薄茶席一席、誰でも予約なしで参加できるとても気軽なお茶会です。

 今回釜を掛けられたのは私たちと同じ裏千家流の先生でした。3月の2日ということもあってお茶席の趣向は雛祭りにちなんだもの。季節のお道具や小さな雛人形の飾り物などもあり、季節のお菓子と薄茶を美味しく頂戴することができてとても楽しかったです。

 お点前をされた方、お運びをされていらした方々もとても手慣れていて、おそらくこうしたお席でのお手伝いを何度も経験されておられるのだろうと感じました。

 お客様の中には裏千家のお茶会でお見かけしたことのある先生もいらっしゃっていました。おそらく他のご流儀を勉強していらっしゃるのだろうな、と思われる方もおられました。かと思うと、お菓子やお道具にスマホのカメラを向けてパシャパシャ写真を撮る方も何名か見かけました。

 昨今ではもうなんでも見たらその場で誰はばかることなく写真を撮るという方が年齢を問わずいらっしゃいますね。せめてご亭主にひとこと断ってからにすればいいのに、と思いました。

 茶席の設えやお道具、お茶もお菓子もすべてご亭主がこの茶席のために何日もかけて選び抜き、手間をかけてご準備されたもの。客とは亭主の心づくしを見せていただく側であり、亭主の思い受け止めて感謝することが礼儀です。茶道を学んでいる者であればそのことを忘れずにいたいものです。

 このかるがも茶席、来年度から(つまり4月以降)は抽選会とは別の日(第二木曜日)に変更されるそうです。これからは「抽選に来たついでに茶席に入る」というわけにはいかなくなりますが、おかげで抽選会の開始時刻がまた4月から10時開始に戻ることになりました。助かります。

 目白庭園では梅に続いて木々の花が咲き始めました。黄色い小さな花を咲かせているのは山茱萸(サンシュユ)でしょうか。
IMG_6174

 芝生広場の寒緋桜も蕾がふくらんで、一つ二つと綻び始めています。
IMG_6161

 春はもうすぐそこまで来ていますね。

  

1月8日「新年会」

 1月8日に赤鳥庵をお借りして、流水会の令和五年最初の集まりである「新年会」をいたしました。

 あいにく山手線・渋谷駅の工事の影響でこの日は最寄駅である目白駅が使えない(外回りが運休・内回りも本数減)状況ではありましたが、幸いお天気もよく晴れたおかげでなんとか無事に開催することができました。 

  今年は日曜日に赤鳥庵を予約することができましたので、皆さんと一緒に懐石のお弁当と花びら餅をいただいてから中立ち(小休憩)、その後お濃茶・薄茶をいただくという茶事に準じた形式で行いました。

IMG_4565

 お正月ですので今年も真台子と皆具というしつらえに致しました。台子というのは普段のお稽古で使っている棚より幅も大きく、高さのある茶道具としてはもっとも大きなサイズの台です。ふだんの稽古は運びで持ち出す建水や柄杓なども最初から台子の上にかざってあるのがお分かりでしょうか。

 今年は濃茶・薄茶とも交代で皆様にお点前をしていただきました。時間はかかりましたが、ゆったりと楽しくお茶をいただける贅沢な時間を過ごすことができました。

 新年会の楽しみといえば「福引」です。景品にはお茶碗、塗りの茶杓、帛紗、古帛紗などちょっとしたお道具なども用意しておいたのですが、私が想像していた以上に盛り上がりました。

 ご都合がつかずご参加いただけなかった皆様は残念でしたが、ふだんのお稽古とは違った「お茶の楽しみ方」を体験していただくよい機会になったのではないかと思います。  

11月23日ーお茶会

 11月23日は赤鳥庵でお茶会を致しました。まだまだ感染症の心配がある中ですから、広くお声がけをしてお客様を募ることはせず、流水会の関係者だけ、薄茶一席のみのこじんまりとしたお茶会です。

 前日まではよく晴れた小春日和でしたのに、当日は朝から雨。私たちの師匠は「晴れ女」でお茶会の日に雨が降ることは滅多にありませんでしたが、残念ながら私がそれを受け継ぐことはできなかったようです。

 でも、庭園の門が開いてみると、雨の中で紅葉した木々が鮮やかに輝いているではありませんか!! わたしたちがこの茶室をお稽古でお借りするようになって八年目になりますが、ここまで見事な紅葉は初めて目にしました。

IMG_9802

IMG_9824


 流水会の皆様の中にはお茶会に参加すること自体が初めてという方も多く、お茶会というのはどんな準備をして、何が行われるのかもわからないまま当日を迎えたので相当戸惑われたのではないかと思いますが、茶室の準備に、またお運びやお点前に、皆様とてもよく頑張ってくださいました。

 今回は一席あたり八名程度のお客様に入っていただくため、十畳と八畳の二つの和室の間にある襖を外して十八畳の広間として利用し密にならないようにしました。できるだけお客様の召し上がるお茶やお菓子に水屋の者が手を触れずに済ませられるような工夫もしました。

 お客様の多くは以前流水会に何らかの形で関わられた方が中心で、久しぶりにお越しくださった皆様に一服を差し上げることができたのは何よりの喜びでした。

 お茶会のしつらえやお道具などはその日にいらっしゃったお客様だけにお見せするというのが茶道のおもてなしの在り方ですので、このブログで当日の茶室内の様子を写真でご紹介することはできません。
「何でもすぐに写真を撮って共有する」という現代の風潮とはまったく異なる考え方もあるのだということをご理解いただければと思います。

 当日の何よりの 「御馳走」となった、お庭の紅葉の写真だけご紹介させていただきます。

IMG_9819

IMG_9817

IMG_3466
 

7月の抽選会とかるがも茶席

 7月1回目のお稽古の翌日、7日には9月分の利用者抽選会がありました。

 流水会のお稽古で使っている目白庭園・赤鳥庵は公共施設ですので利用希望日が予約できるかどうかはこの抽選会で決まります。 今回抽選に参加したのは22名、思ったほど多くはありませんでしたが、土日祝日にお茶会での利用のために予約される方が増えてきました。

 私の抽選番号は15番で順番としてはあまり良い方ではありませんでしたが、水曜日を予約するライバルがほとんどいらっしゃらなかったので、スムーズに二回分を予約することができてほっとしました。

 さて、いつもなら抽選が終わるとお庭を一巡りして帰るのですが、この日は流水会でお稽古しているKさんと二人で「かるがも茶席」に参加しました。

  かるがも茶席というのは豊島区の茶道華道文化連盟所属の先生方によるこじんまりとしたお茶会です。様々な流儀の先生方がお茶会を開かれますが、ちょうど7月は私たちと同じ裏千家流の先生が担当されるということで、ちょっとのぞいてみようかということになりました。

 ちょうど7月7日でしたのでテーマは七夕。お点前は平茶碗を使っての葉蓋でした。この時期の茶会だけにお菓子はプラスチックのケースに入れたまま懐紙に載せて出され、お盆の上から客が自分の分を取る形式でした。お茶の方も同様です。

 私が一番驚いたのはお点前をされた男性が中国の方であるとご紹介があったことでした。よほど日本文化にご興味をお持ちの方なのでしょう。着物に袴をつけての立ち座りも見事でした。

 席主の先生のお話しによると、かるがも茶席も以前は一席で40名近いお客様を入れていたそうですが、コロナなのでその半分程度になったとのこと。ゆとりのあるお席と心尽くしのおもてなしがとても心地よく感じられました。

 かるがも茶席は参加費がお一人800円ととてもリーズナブルなので、また機会があれば流水会の皆さんをお誘いしてみたいと思います。

IMG_0528

  お茶会の写真はありません。お客としてお茶会に参加する際は「茶道具や床の間の写真を撮らない」のがマナーです。自分の前に出されたお茶やお菓子も写真を撮るのはマナー違反です。どんなお茶会だったかはしっかりと「目と心に焼き付ける」もの。お茶を習っている方はぜひ覚えておいてくださいね。

新年会をしました

 今年最初の連休、皆様はいかがお過ごしでしたか?

 連休中日の13日は新年会を行いました。お茶の世界では初釜という名前で新年最初の茶会を行うことが多いのですが、私たちの稽古日は水曜日。水曜日の茶会では昼間お仕事をしておられる方々は参加できません。日曜・祭日となると今度はふだんと同じ稽古場が使えないこともあって、今年はお稽古とは別に新年の食事会をすることにしました。

 今年の会場は湾岸のビルの高層階、海の見えるレストランです。参加者の皆様にとっては普段お稽古場でよく会う方、お顔はよくお見かけしていてもお名前のわからない方、稽古時間が異なって全く顔を合わせることのない方もいらっしゃったと思います。

 それでもお食事が進んでいくうちに少しずつ雰囲気も和らいで、全員簡単な自己紹介と新年の抱負を語りあううちにムードもなごやかに。福引で新年の運試しをしていただきました。

 最後は皆さんで記念撮影をしました。記念撮影用にカメラを持ってきてくだったMさん、どうもありがとうございました。
200112_新年会

 記念写真のお顔はぼかしておりますが、皆様の笑顔に昨年11月ごろから準備をしてきた私もほっといたしました。

 連休の中日でご都合が合わなかった皆様、最近入会されたばかりでお声がけできなかった皆様、また別の機会にご一緒したいと思います。
 
ギャラリー
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月の抽選会
  • 7月の抽選会
  • 7月の抽選会
  • 6月26日のお稽古ー特別稽古、真之行など
  • 6月26日のお稽古ー特別稽古、真之行など
プロフィール

soujun

メッセージ

名前
メール
本文