流水会目白だより

裏千家茶道 流水会のお稽古の様子などをご紹介しています。

今後の稽古予定
7月17日(水)
8月7日(水)、8月28日(水)
9月11日(水)、9月25日(水)
流水会のWebサイトはこちら
流水会のFacebookページもご覧ください

7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾

 連日晴れて最高気温35度の日が続いています。梅雨の中休みにしては長いと思っていたのですがこの日はようやく少し曇って暑さもほんの少し和らいできました。

 7月になりましたのでお稽古は夏のお点前、名水点と洗い茶巾を致しました。

 名水点は茶の湯に適しているという名高い名水を使う、そんな時に行われる濃茶点前で、釣瓶水指にしめ縄を付けたものを使います。
IMG_2024-07-12-133936

 客からお水を請われると濃茶の前にお水だけを茶碗に入れて客に出します。その後は普通に濃茶の平点前をいたします。点前としてはさほど難しくはありません。この点前で肝心なのは、点前を始めるまでの準備です。

 早朝まだ暗いうちに水を汲んでくる、水指に縄を張って奉書で作った紙垂をつける。ここまでできればもう9割がた出来たも同然です。私も師匠からは懐紙を切って紙垂を作るやり方を教わりました。お茶のお稽古というのは薄茶を点てたり、濃茶を練ったりするだけではなく、実に多様な事柄を学べるのが面白いところです。

 薄茶は洗い茶巾をしました。水を張った平茶碗に茶巾を流すように入れて持ち出し、これを客の前で絞って畳むこの点前の手続きは裏千家十三代の圓能斎が定めたと言われていますが、利休時代の茶会記にも「洗茶巾」という記述があるそうですので、古くから行われているのでしょう。

 見た目には大変涼しげなお点前ですが、お稽古するのは毎年今頃だけなので、お茶を点てるのに苦労する方もいらっしゃいました。平茶碗の扱い、洗い茶巾の点前は引き続き来週もお稽古したいと思います。

 さて、この日のお稽古中に起きたハプニングですが、何と小鳥が窓ガラスに激突しました。ガラス窓の揺れる音がして、また地震?と振り返ると羽をバタバタする鳥の姿が一瞬だけ見えました。

 鳥も暑さのせいでちょっとぼーっとしていたのでしょうね。 

   人間も気温が高すぎると頭がぼーっとしてしまいますが、幸いにもお茶室の中は冷房がよく効いていますので、釜の前で点前をする時以外は涼しく過ごせます。ありがたいことです。

 さて、この日のお庭の様子も少しだけご紹介します。

 河原撫子が沢山咲いています。ここは滝の少し手前、茶室とは池を挟んで反対側です。
IMG_2024-07-12-142805

  萩の花もちらほら見えるようになりました。
IMG_2024-07-12-142845

 前回ご紹介したマンリョウの花も随分開いてきたようです。
 
IMG_2024-07-12-142912

 次回のお稽古は来週17日です。
 

7月の抽選会

7月5日は赤鳥庵の9月分の利用者抽選会でした。まだ梅雨の最中だというのにこの日の目白の予想最高気温は35度!幸い抽選会の行われたお部屋は冷房がよく効いて逆に少し寒いくらいで持参したカーディガンを着込んで抽選に臨みました。

 参加者は30名ほど、9月は祝日がありますのでもう少し多いかなと予想していたのですが、それほど多くはありません。一時期に比べると撮影目的の方が減り、茶道での利用者は少し増えてきたかな、という感じでした。

 私も珍しく若い番号札を引いて、無事二回のお稽古と、一回の特別稽古の日程が確保できました。

 抽選を待つ間の雑談で今年はカルガモがいないね、というのが話題にのぼりました。毎年庭園の池ではカルガモが子育てをして可愛い雛たちの姿や成長していく様子を楽しみにしていましたが、今年はなんだか池がガランとして寂しい限りです。

 でも、外に出てみると池には沢山のトンボが飛んでいました。この日もアゲハチョウを見かけましたよ。
IMG_2024-07-06-134647

 ちょうど庭園ではマンリョウの花が咲き始めていました。マンリョウは冬に真っ赤な実を付けますが、花を見たことがある方は少ないかもしれませんね。
IMG_2024-07-06-134808

 裏の芝生広場も養生が終わり、また入れるようになりました。秋になったら一度くらいここで野点をしてみたいと思っていますが、どうでしょうか?
IMG_2024-07-06-134902

  来週のお稽古ではそろそろ夏のお点前を始めます。平茶碗の季節到来です。
 

6月26日のお稽古ー特別稽古、真之行など

 流水会のお稽古は原則月二回ですが、今月は特別稽古をもう一回追加して奥伝のお稽古をしました。科目は午前中が真之行、午後が大圓草です。

 流水会でのお稽古は今年で十年目になりますが、ここで初歩からお茶を始められた皆様が奥伝の稽古に臨まれるようになったのは、私にとっても感慨深いことです。

 さて、真之行というお点前は私たちの学ぶ裏千家茶道の中で もっとも格の高い点前です。この点前の許状を昨年お取りになられた方があったのですが、まだ一度もお稽古をしていませんでした。

 実は風炉の季節になるのを待っていたのです。

 茶道のお稽古は五月から十月までは風炉で、十一月から四月までは炉で行います。簡単に言ってしまうとお湯を沸かすための茶釜の置き場所が変わるのですが、それに伴って点前の手順や所作に違いがあります。

 茶道では歴史的に風炉の点前が先に誕生したこともあって、風炉の方がお点前の手数が少ないという特徴があります。とくに奥伝になりますと、風炉と炉ではかなり違いがあります。どちらからお稽古をするのが良いかといえば、それは風炉からでしょう。

 この日は真之行を習うお二人の方にとっては見るのも初めて、私自身もこの点前を人に教えるのは初めてのこと。お互いが初めて尽くしだったのですが、なんとか終えることができて少しほっとしました。

 お昼休憩を挟んで午後からは大圓草の点前、道具もがらりと変わります。こちらの点前は濃茶二服点ですので時間がかかります。裏千家の数ある点前の中でもっとも集中力を必要とする点前でもあります。

 このお点前もなんとかお二人の方(もちろん、真之行お稽古されたのとは別の方々です)にお稽古していただくことができました。お稽古された皆様も大変だったと思いますが、教える側の私の方も最後はヘトヘトになりました。

 年齢を重ねるにつれて集中力というのは体力とイコールであるのを痛感する今日この頃、私よりも若い皆様方には是非体力のあるうちに許状をお取りになって奥伝の稽古に挑戦していただきたいと思います。

 ただ、正直に申し上げると一日に二科目の奥伝稽古というのは少し無理がありました。次に奥伝のお稽古をする際は一度に一科目にしたいと思います。私も皆様にしっかりとお点前をお伝えできるよう精進して参ります。

 最後はいつもの通り、この日のお庭から。

 門の前の梅の木の左側に突然現れたアガパンサスの花、日本庭園の風情とはやや違うのでどこかご近所からの溢れ種が伸びた?のでしょうか。ちなみに別名は紫君子蘭、茶花にも使うことができます。

IMG_2024-06-28-103442

 庭園の滝の近くに河原撫子が咲いていました

IMG_2024-06-28-103505

 池の錦鯉の皆さんたち、この場所によく集まっているのは水温の関係で居心地が良いからでしょうか。茶室の窓からもよく見えます。

IMG_2024-06-28-103535

 次回のお稽古は7月10日の予定です。


  
ギャラリー
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月10日のお稽古ー名水点と洗い茶巾
  • 7月の抽選会
  • 7月の抽選会
  • 7月の抽選会
  • 6月26日のお稽古ー特別稽古、真之行など
  • 6月26日のお稽古ー特別稽古、真之行など
プロフィール

soujun

メッセージ

名前
メール
本文