お稽古の翌日、2日は赤鳥庵の8月分利用者抽選会でした。参加者は十五名ほどと少なめでしたが、茶道で利用される方が少しずつ増えてきています。良い兆しではありますが、それだけ茶室を借りるライバルが増えるということでもありなかなか悩ましいです。

 私の抽選番号は「6」。普段なら悪くはない番号なのですが、この日は水曜日を希望される方が結構いらっしゃって激戦でした。それでもなんとか二回のお稽古日を確保することができました。

 午前中のお庭に出てみると、昨日は気づかなかった発見がいくつもありました。

 第一の発見は夏椿(なつつばき)が咲いていたことです。目白庭園には門を入ってすぐ右側と、滝の向こう側の二箇所に夏椿の木がありますが、門を入ってすぐの夏椿の木に花がつきはじめていました。
IMG_0013

 名前の通り椿によく似た小さな白い花で私はこの花が大好きです。「花が咲いている」と言われないと見過ごしてしまうようなささやかな花ですが、庭園のお近くにお住まいの方はぜひご覧になってください。今がチャンスです。

 夏椿の木のすぐ近くには、いくつか初夏の花が咲いていました。まずこちらは鳥足升麻(とりあししょうま)です。
IMG_0010

 升麻(しょうま)というのは漢方薬の名前で、日本には○○ショウマという名の植物がいくつかあります。鳥足升麻は茎が鳥の足に似ているから、ということらしいのですが花は茶花にも使われます。

 鳥足升麻のすぐそばには山紫陽花も咲いていました。
IMG_0011

 園芸種の紫陽花に比べると茎がずっと細く、葉も薄くて柔らかな感じがします。このお花も茶花としてよく用いられますね。