都心でもこのところ最低気温は0度前後、最高気温も10度を超えない日が続いています。お天気はこの日も1月らしくよく晴れました。
IMG_2069

 お稽古は重茶碗と絞り茶巾を中心にいたしました。重茶碗は二つの茶碗でお濃茶を練るお点前です。濃茶は本来、一碗でお客様全員が飲み回しをしますが、お客様の人数が多く一つの茶碗では足りないときに行います。

 今は感染症の流行が問題になっていますので、今年の裏千家の初釜でもお家元は重茶碗をなさらず、お一人に一碗ずつ濃茶をお出しになられたそうです。それに倣ったというわけではありませんが、二人のお客様に一碗ずつ濃茶を出すという形でお稽古をしました。
IMG_2088

 重茶碗の稽古はそう頻繁にはできませんが、二碗の濃茶を続けて練るとどうなるのかを点前を通じて実感していただけたのではないかと思います。上の写真はお稽古のこの日のお菓子「常盤木(ときわぎ)」です。

 薄茶は絞り茶巾を致しました。筒茶碗という通常の茶碗より背が高く口の狭い茶碗を使って行う点前です。次の写真の左が通常お稽古で使っている茶碗のサイズ、右が筒茶碗になります。
IMG_7222

 この日絞り茶巾の稽古をされた皆様は、以前にこの点前を稽古した経験のある方ばかりでしたが、皆さまがとても心許ない感じでどうしたのだろうと思ったのですが、よくよく考えてみれば昨年の今頃は緊急事態宣言が発令されていて稽古ができず、なんと二年ぶりの絞り茶巾だったのでした。

 次回も引き続き絞り茶巾の稽古をしたいと思っています。少しは感染症の流行の勢いがおさまっていると良いのですが。

 さて、お庭では早春の花々が咲き始めていました。こちらの黄色い小さな花は蝋梅(ろうばい)です。
こちらの庭園の蝋梅は素心蝋梅という種類のようですね。
IMG_2078

 そして、次の白い小さいお花は雪割一華(ゆきわりいちげ)というそうです。
IMG_2084

 お稽古中も外からはカルガモの鳴き声が何度も聞こえました。ここで育ったカルガモたちが庭園の池に遊びにきているようです。暖かくなったらまた可愛い雛たちの姿が見られるのでしょうか。