10月1日は12月分の利用者抽選会でした。抽選会が再開された頃は目白庭園の職員の皆様も参加者も消毒と換気、ソーシャルディスタンスに気を使った妙な緊張感がありましたが、ここ数ヶ月で誰もがその状態にすっかり慣れた感じで、この日も粛々と抽選と予約が行われました。

 例年ですと12月の初旬に赤鳥庵で炉開きをされる方がいらっしゃるので、以外と激戦だったりするのですが、今年はさすがに少なめ。参加者は20名ほどでした。私の抽選番号は無情にも15番(このところ大変くじ運が悪い!)だったのですが、幸い二回の予約が確保できてほっとしました。

  では、恒例のお庭の様子を紹介しておきましょう。今年は猛暑の影響なのか、それとも庭園の管理会社が変わった影響なのか秋の花、今ひとつパッとしません。

 お彼岸はとっくに過ぎてしまいましたが、ようやく彼岸花が咲きました。
IMG_0436

 花の少ない中、唯一大健闘なのが萩です。今度は白萩が咲き始めました。
IMG_0430

 カルガモたちは相変わらずのんびりと過ごしています。まったく巣立つ気配が見えないのですが、よほど居心地が良いのでしょうね。
IMG_0425

 ススキも綺麗に穂が出ています。お月見にぴったりの見事なススキです。午前中は雨模様でしたが、果たして十五夜の月は如何に?
IMG_0434