先日のお稽古では皆様にご自分で使う棗にお茶を入れていただきました。棗にお茶を入れることを「お茶を掃く」と言ったりします。

 お茶は棗の中で中央が高くなるよう山の形に入れる、ということは皆さんご存知なのですが、意外にこれが難しい。茶掃箱の中には茶漏斗と呼ばれる道具が入っていて、これを使うとたしかに山にはなるのですが、何だか中央ばかりが尖ったパラマウント映画のオープニングのようになってしまいます。

 茶入にお茶を入れるときは茶漏斗があると便利ですが、中棗にお茶をきれいな山形に入れたい場合は漏斗は必要ではありません。使うのは茶杓だけです。
IMG_9333

 普通の茶杓を使うこと、一番最初から山形になるようにお茶を入れていく、というのがポイントです。棗をお持ちの方はぜひご自宅で練習してみてくださいね。