流水会は六月もオンライン稽古を続けることになりました。

 この日はオンライン稽古で茶入荘(ちゃいれかざり)をしました。茶入荘の点前は主客の共通の知人、または当日の客からいただいた茶入をお披露目する際に行う点前です。
IMG_0800

 「茶事で茶入荘をするときは、初座の床に帛紗を広げて茶入をかざっておきます」というお話をしたのですが、ちょうどタイミングよくこの日の座学は「茶事のはなし」でした。

 茶事というのは茶道の正式なもてなしの形で、懐石、炭点前、濃茶、薄茶を順番に行うものです。懐石・初炭・主菓子をいただくまでを「初座」、濃茶・後炭・薄茶を「後座」といいます。

 「茶事」のやり方を理解すると、自分でもお茶でお客様をもてなすことができます。日頃のお茶の稽古というのはそういうもてなしが自分でもできるようになることを目標としているのですが、点前の稽古ばかりしているとなかなかそれが見えてきません。
IMG_0820

 初心者の皆様方にも茶事の存在を知っていただきたかったのですが、あいにくこの日はご都合がつかず、座学を聞いてくださったのははベテランさんばかりでした。
 
 6月にはいって皆様会社・学校の再開とお忙しい日々をお過ごしなのでしょう。嬉しいことではありますが、皆様のお顔を拝見できないことは寂しくもあります。