茶碗に抹茶、茶筅、棗、茶巾、茶杓が揃ったら、ぜひ家でお点前をしてみましょう。裏千家で最初に習う「盆略点前」ならここまで説明したお道具があればできます。棗のない方はお茶の缶やタッパーをそのままお使いになっても良いです。

 お盆は丸いものでも、四角いものでも、お茶碗や棗がおける大きさならばなんでも構いません。建水はご自宅にあるボウルなどで代用してみましょう。

 今回はお盆の代わりにランチョンマット、建水の代わりにプラスチックのボウルを使ってみました。お湯はあらかじめ沸かしてポットに入れておきます。ポットがなければやかんでもいいですよ。
IMG_7613

 最初のセッティングはこんな感じです。普通の盆略点前のお道具と比べると一つ違いがあるのがお分かりでしょうか。濡れた茶巾をランチョンマットに置くのは具合が悪いので茶巾を置く場所に小皿を置いてあります。

 棗と茶杓を清めて、茶筅と茶巾を出したところです。
IMG_7617

 建水代わりのボウルはこんな感じて置いておきます。
IMG_7621

 茶碗にお茶を入れて点ててみました。
IMG_7624


 どうでしょうか。建水を置く場所を工夫すればテーブルの上でもできますね。皆さんも家にある器などを使って工夫してみてください。

 これでもいいけれど、せっかくやるのだからお盆や建水も揃えたいという方は、次回ご説明します。