今回は抹茶を点てるための茶碗のお話です。

 お茶を習っている皆様ならば、自分専用の茶碗を持ちたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 私がお勧めするのは、まずは一つ目の抹茶茶碗を買ってみる、それをじっくり使ってみることです。外出自粛中の今、インターネットを使って茶碗を調べてみる、気に入ったものがあれば通販で買ってみてはいかがでしょうか。

 ただし、インターネットで茶碗を買うときに気をつけたいのは「茶碗の大きさ」です。抹茶茶碗の中には「小茶碗」「野点茶碗」「茶箱用茶碗」という通常より一回り小さなサイズの茶碗があります。お値段が安いのでつい目が向きがちですが、こうした小さな茶碗は大人の大きな手には意外と薄茶が点てにくいのです。

 写真だけではわからないこともありますから、必ず買う前に必ずサイズを確認しましょう。抹茶茶碗の標準的な大きさは前回申し上げた通り、直径が約12センチ、高さが約8センチです。

 何を買うか、それは皆様自身のご判断で良いと思いますが、選ぶ上でのヒントをいくつか申し上げておきます。

・お値段はいくらぐらい?

 稽古茶碗は1200円くらいからあります。写真のようなタイプのお茶碗です。初心者の方が薄茶を点てる練習をするにはこれで十分です。
IMG_7605

 季節の花や風物などが入った茶碗は5000円くらいからです。上はキリがありませんのでお財布と相談してください。

・自分らしい茶碗を選びたい

 茶碗には十二支にちなんだものが数多くあります。ご自分の生まれ年の干支の茶碗などはいかがですか。「うさぎ年生まれ」なら「卯 茶碗」、で検索すれば見つかりますよ。

・「最初から楽茶碗」はアリ?

 千利休に始まる千家のお茶では「楽茶碗」が最高のものとされています。それなら最初から楽茶碗を買ってみたい、という方もいらっしゃるかもしれませんが、最初の一碗にはおすすめしません。通販で買うのに向いていない茶碗だからです。流水会の会員の方で「稽古用の楽茶碗が欲しい」という方は私にご相談ください。

 最後に私が家で使っている茶碗をご紹介します。この茶碗は戌年の干支茶碗ですが犬は茶碗の正面には描かれていません。お茶を全部飲み切ると中から犬が出てくる、そういう楽しさのある茶碗です。

IMG_7601

IMG_7603

 皆様もご自身が楽しめる茶碗をぜひ探してみてください。