10月になってようやく暑さも一段落、朝夕は涼しさを感じられるようになってきました。空の青さにもどことなく秋の気配が漂います。
6V8yozNZROaTcHd7AzVdqQ

 さて、久しぶりのお稽古は中置です。中置はこれまでお客様から遠い場所に据えていた風炉を、少しだけお客様の側に寄せて、畳の中央に風炉を据えることを指します。

 お茶のお点前というのは「点前の手順」「道具の位置」「所作」という三つの要素で構成されているとよく言われますが、中置というのはこのうちの一つ「道具の位置」がふだんの風炉の点前とは異なります。左にあった風炉が中央にあり、右にあった水指が左に置かれる。大きな違いはこの2点だけなのですが、慣れないうちはこの違いに戸惑います。

 お点前の手順は普段と何ら変わりはないので、やってみるとあまり難しいことではないのですが、集中力は必要ですね。この日は初めて中置でお稽古する方も何人かいらっしゃいました。水指が細長いことに驚かれたり、目の前にある柄杓の柄が気になったり、皆様の反応がとても新鮮でした。

 この日のお稽古ではお干菓子として先日京都・裏千家の秋茶会の帰りに買ってきた「ふのやき」をお出ししました。
FltIY03lTSiahyOB2CEgOQ

 この菓子は今は亡き千登美子夫人(大宗匠の奥様)が考案されたもので、裏千家茶道を習っておられる方にはお馴染のお菓子です。製造は末富さんですが、買える場所が限られていますのでお稽古以外ではなかなか頂く機会の少ないお菓子です。

  ご存知の方もあるかと思いますが、もともと「ふのやき」というのは千利休の茶会記に出てくる菓子の名です。利休様の時代はまだ日本でお砂糖が作られていませんでしたから、お茶会の菓子は今とは全然違いました。当時のふのやきは小麦粉を水でといたものを薄く焼いたクレープ状のものに味噌を乗せてまるめたものだと言われています。

 甘くて少ししょっぱい現代のふのやきをいただきながら、利休様の作られたふのやきとはどんなお味だったろうかと想像するのもまた楽しいですね。

  さて、庭園の様子ですが秋空の下、いくつかの花々の写真を夫が撮ってきてくれましたのでご紹介します。

0Y1Lp4JQSrafVpS6r4y+5A

 杜鵑草です。こちらはタイワンホトトギスの一種のようです。

P9Pt7%1kR4OMIwLJ42rXEA

 そろそろ終わりかと思っていたピンク色の萩の花、今はあちこちで咲いているようですね。 

 今週末には大型の台風が関東に襲来するそうです。庭園の木々に被害が出ないと良いのですが。お稽古は次回もまた中置の予定です。