前回は夜間のみのお稽古でしたが、今回は午後のみのお稽古です。

  写真は目白のメジロです。冬の間、事務所の方が庭園にバードフィーダーを設置してあるのですが、私たちが庭園に着いたとき、ちょうどメジロがみかんをついばんでいました。
ABowl92MSbeD67P%g4sWBw

  さて、お稽古の方は中・上級チームは逆勝手の小習。初級チームは引き続き丸卓の点前です。先週は第一和室で逆勝手をしましたが、今週は第二和室です。第二和室は逆勝手の稽古をするとちょうどお点前する方の右側が襖になるので、先週のように「見えない壁」を想定する必要がありません。ああ、前回もこちらのお部屋ですればよかった、と少し後悔しました。

 写真は第二和室のお花。ミニ水仙と一休椿です。一休椿は我が家のベランダで育てている白い花の咲く椿ですが、毎年二月から三月にかけて花を咲かせてくれます。今年の第一号ですがあいにく蕾のまま。お稽古中に開いてくれるかも、と思ったのですがそううまくはいきませんでした。
IJyT%U1oRmqI+po1W%tf8w

 第一和室では小習。三人の方が順番に丸卓での濃茶平点前、薄茶平点前、絞り茶巾をした後、盆略点前。それぞれの進度に合わせてお稽古をするのは、私自身にとってもとても良い勉強になります。他の方のお点前を見るのもお稽古の一つ。皆さん最後まで熱心にお稽古をしてくださいました。

 私は第一和室の方におりましたが、この日は「初心者の方が逆勝手を見ると混乱するから」という理由で、部屋の間のの襖を閉めてお稽古しました。すると、普段なら絶対聞こえるはずのない音、建水に茶碗を当てたときの「カーン」という音が時々お隣から聞こえてきます。いつもなら苦もなくできることが難しい。逆勝手は本当に良い頭の体操になりますね。

 さて、お庭の様子も少しご紹介しておきましょう。いよいよ本格的な梅の季節の到来です。

0yWPSVdTQ1iRiXWoWlx+DQ
 こちらは赤鳥庵の中からもはっきりと見える池の対岸の紅梅。見事な花を咲かせていますね。

Uh1CIMZqTFil08%4ivWp4A
 庭園入口の白梅はつぼみが膨らんで、一輪、二輪とほころびはじめました。次のお稽古が楽しみです。

qIwNpjc0Ti+WCt8oikLKUQ
 芝生広場では八重の梅が一本だけ一足先に満開を迎えていました。今が見頃です。(でも、周りの白梅はまだまだ蕾を固く閉じたままでした)

  まだ二月、寒いとはいえもうすぐ春です。次のお稽古がいっそう楽しみになってきました。