今月は第一木曜日が1日ということで、月初早々に抽選会です。よく晴れて日陰は少し肌寒いくらいの気温でした。赤鳥庵の窓から見えるお庭も、うっすらと秋色に変わりつつあります。
5GeBwXOlTQKXvY4oF8H+uw

 この日は来年一月の利用日の抽選です。一月は初釜の月、ということで毎年茶道関係の方が大勢申し込みにこられます。(それ以外の団体の方はさほど多くはありません。) 土日祭日は激戦です。

 あいにく私のくじ運は今ひとつでしたが、普段利用している水曜日を二回予約することができましたので、結果オーライといったところでしょうか。毎月抽選に参加していますが、良いときもあれば悪いときもあり、まずまずの結果に終わることもありで、くじ引きというのはよくできた仕組みなのだなと妙なところで感心します。

 抽選会を終えた後、お庭を一回りしてみました。前回のお稽古の時には真っ盛りだった秋明菊とホトトギスはそろそろ終盤戦でしたが、明るい空にススキの穂が映えてとてもきれいで、外国の方々(観光でしょうか?)の姿もありました。

DeChxe4LQcuftzuUMfK8aA

 早くも色づきはじめているのはドウダンツツジ。
5b95jnPuQzCxnABOglVzyQ

3MsKUbbWSJ+xrcO3+CCjTQ


 裏の広場に上がるところで振り返ると、青空に池袋方面の高層ビルの姿が見えました。落ち着いた庭園ですがやはり都会の真ん中なのですね。
OUKpS5ctRWmuHEyDLVm%hw

  ここ数年、目白庭園の紅葉の見頃は毎年十二月に入ってからです。本格的に色づくのはまだしばらく先になることでしょうね。