10月になりました。秋分を過ぎてからは確実に朝夕涼しくなってきました。この日はすっきりとした秋晴れとはいかず雲の多いお天気でしたが、過ごしやすい季節になったことを実感致します。

 お花は宗全籠に秋の残花をたっぷりと。軸は「竹有上下節」を掛けました。このお軸ももう何度も掛けている定番ですので、「竹有上下節と対になる禅語がありますが、覚えていますか?」と皆様にお尋ねしたところ「ええと、松・・・」とお答えがありました。(ここでは正解は書きません)
4fQD5xOJRBimUp86f97NbQ

 普段はお点前のことで精一杯でとてもお軸にまで気が回らないとは思いますが、軸は茶席の大切なお道具の一つ。ぜひ、少しずつ覚えていただければと思います。

 10月といえば、お稽古は「中置」です。中置とは風炉を畳の中央に置くことを言います。朝夕がめっきり涼しくなって、そろそろ火が恋しくなる季節に、火をお客様に近づけて水を遠ざけるのだと言われています。この日は第二和室の方は大板の中置で濃茶と薄茶、第一和室の方では小板にして常据と中置の両方の稽古ができるようにしました。

 第一和室の方は夕方からは釜を鉄瓶に替えて、初心者のお稽古です。このところ入会の方が相次いで、常に誰かが初歩のお稽古をしているという状態が続いています。帛紗をさばいたり、畳のお部屋で立ったり座ったり歩いたり、最初は色々ともどかしいことも多いとは思いますが、半年もすれば立派にお点前ができるようになります。私もその日が楽しみです。

 この日はお仕事の都合や体調を崩してお休みの方もあったのですが、昼間から夕方までご見学の方も多く、途切れることなくお稽古が続きました。その反面、夜の時間帯はKさんお一人。18時以降にお稽古に来られる方が少ないのが目下の悩みのタネです。

 さて、お庭の様子も少しご紹介しておきましょう。池の周囲は相変わらず萩の花盛りで、周遊するとあちこちで萩の花が見られます。今年はとりわけ白萩が綺麗です。

 赤鳥庵の前では、たくさんのつぼみをつけた秋明菊がようやく白い花を咲かせ始めました。名前には菊とついているものの、姿は全然違いますね。
5PaNDjanRLaqKPy+H+CDlw

 こちらの野菊は残念ながら名前がわかりません。
yQu9FmQMTkKKtNB2+Q7Bdg

 そして、こちらはお馴染み。そう、お茶の花です。
WMC5HA4ESrW94pFKioXU7Q
 なぜかいつもうつ向いて咲く、控えめな花です。

 次回は17日。お庭の花々がどうなっているのかも楽しみです。