四国から近畿地方にかけて猛威を振るった台風21号。幸い関東ではそれほど大きな被害は出ませんでしたが、それでもすごい強風でした。そんな台風の通り過ぎた次の日がお稽古日。稽古の始まる午後には青空がのぞいていました。 
log9cx2OQ4q5JOO6XuQ5jQ

 稽古科目は先月に引き続いて茶箱です。中・上級の方は月点前と和敬点、初級の方は卯の花点前、入門してまだ日の浅い方は盆略点前を致しました。

 この日は第二和室(八畳)のみの利用でしたが、10名と少し人数が多かったので、お部屋の二箇所で点前の稽古をしました。一方は通常どおり紅鉢風炉に銀瓶、もう一方は鉄瓶を板釜敷に乗せ、その下にさらに黒い敷板を敷きました。工夫すればなんとかなるものですね。

 中・上級の皆さんの中には初めて月点前をなさった方もあって、器据(きずえ)や羽・お香といった月点前独自のお道具の扱いに悪戦苦闘されていました。少し慣れると実に風情のあるお点前ですが、やはり最初に習うときは誰でも大変です。

 先月はお休みだったKさんは茶箱の点前をすること自体が数年ぶりだったそうですが、やはり一度でもお稽古をしたことがあると忘れているようでも案外手が動きます。この日は卯の花と和敬点前をお稽古されました。

 夏休みの短期留学でしばらくお休みだった小学六年生のSさん。ようやく盆略点前が通してできるようになったところにしばらくお休みが入ったのでどうなることかと心配しましたが、とてもよく覚えていらっしゃって私の方がびっくりでした。

 ようやく茶箱にも慣れたところですが、次回からはまた柄杓を持ってのお点前に戻る予定です。

 庭園の池では、もうすっかり親と見分けのつかなくなったカルガモたちが元気に泳いでいました。ススキはもうしっかりと穂が出ていました。紫式部も色づき、萩の花もあちらこちらで咲いています。
eCubA4AdSrOH4O6BD1sFlQ

IMG_3208

 まだ昼間は蒸し暑いけれど、季節は秋へとたしかな歩みを進めているようです。