2月5日は流水会としては久しぶりの日曜稽古でした。I先生の社中のみなさんとの合同稽古で、赤鳥庵の10畳と8畳を使い、午前中から夕方までお稽古をいたしました。

 こちらは10畳の床。今日はせっかく朝からの稽古なので、お軸も変えてみました。大きな字は「関」。下にはちいさい文字で「南北東西活路通」と書かれています。棚は利休好の桐丸卓。中級以上の許状をお持ちの皆様は茶通箱のお点前の稽古で棗を濃茶に使うことから、棚には焼物の薄器をかざってあります。

IMG_1637


 8畳のは「歩々是道場」。こちらのお部屋では花月をやります。椿の花が落ちてしまいましたが、I先生から「落ちた花を下に置くのも良い」とお話しがありましたので、そのままにしました。

IMG_1629

 茶通箱の点前はお濃茶を二碗練りますのでどうしても時間がかかります。日曜稽古のように、比較的
時間が取れるときでないとなかなかお稽古ができません。一つ一つの所作はさほど難しくはないのですが、最後まで集中を切らさずに点前を続けるのはなかなか大変です。この日は4人が茶通箱のお稽古をしました。

IMG_1641

 8畳のお部屋で濃茶付花月、平花月の稽古をしつつ、10畳では茶通箱や大津袋の点前をしました。お時間のある方には焼物の薄器を使っての薄茶もやっていただきました。

IMG_1671

 上の写真で使っている薄器は四滴茶入の一つ「油滴」です。普段の薄茶は中棗を使うことが多いのですが、時々はこうした薄器の扱いも稽古をしておきたいものです。

 日曜日ということもあって、普段なかなかお稽古に来られないKさんが息子のS君と一緒に来てくれました。S君も来月には3歳になるそうで、正座やご挨拶も上手にできるようになりました。ただ、男の子なのでじっと座っているのは無理。お母さんのお稽古の間は他の大人と一緒にお庭や赤鳥庵の中を探検していてもらいました。

 さて、ではこの日のお庭の様子も少しだけ。朝は晴れていたのに昼ごろから雲が出て午後は時折小雨もパラパラと降る、落ち着かない天気でしたが、裏の芝生広場の梅はこんな感じです。

IMG_1664


IMG_1665

 そして、なぜかもうこんな花まで咲いていました。季節を勘違いしたのでしょうか。

IMG_1642